所沢航空記念公園

航空公園エリアをカフェの街として売り出そう!

ちょっとした提言ですが、町おこしの一環として航空公園エリアを「カフェの街」として売り出すのはどうでしょうか?

尾形 丈人
所沢ホームページ制作センター
尾形 丈人

カフェの街にしてしまえ?

どういうわけか航空公園周辺にはカフェが集まっています。

しかも、チェーン店ではなく全て個人商店!

カフェ好きとしてはたまらないエリアです。

だってチェーン店はどこにいってもありますが、個人商店のお店はそこだけですからね。

個人のお店って、稀少性があっていいですよね!

しかも、私の見立てでは、航空公園エリアの各お店は個々に個性や特徴があって差別化されている(できる)んです。

同じエリアで同じカフェ事業をしていたとしても、コンセプトが違えば同列視はされないものです。

と、いうことは、少なくともこのエリアへの集客というプロジェクトについては、各店で協力ができるのでないかと勝手に期待しています。

エリアで特化すれば広報にも有利

航空公園エリアをカフェの街として売り出すメリットは、広報経由での集客も期待できるからです。

正直、市外の人が所沢に抱くイメージはなにもないんです。

ついこの前の旅番組でも、川越市・狭山市と来て「次は所沢か!?」と思ったら素通りされて入間市に行ってしまいました。

「なんてこった…」

でも、航空公園をカフェの街として売り出して、しかも各店が個性的なメニューやサービス、コンセプトで競い合ったらどうでしょうか?

きっとその手の番組も立ち寄ってくれるに違いありません。

「ここ(航空公園)に行けば、視聴者を釘付けにできる画が撮れる!」

そこまでエリアをブランド化できれば、直接的にも集客で成功するはずですから、やってみる価値はあります。

イベントでも盛り上げられる

なお、ブランド力や広報での集客もできますが、イベントで集客もできます。

例えば、各店が小さなサイズのメニューを置いて、各店を巡ってもらう「スタンプラリー」を開催することもできますよね?

季節の新メニューを各店が揃えて、共同でチラシを配ることもできますよね?

アイデア次第でいくらでもこのエリアへの集客は可能だと思います。

チェーン店だらけのプロペに負けないでください。

いや、ブランド化してもっと広範囲から集客できるようになりましょう。

そうすれば、各店とも繁盛すること間違いなしです!

がんばれ!航空公園エリアのカフェ!

最新の記事5件