所沢航空記念公園

ネットショップを作りたいけど、どうしたらよいですか?

ネットショップを作るためにはどうすれば良いのか…。3つのケース別に開設プロセスをご提案したいと思います。

尾形 丈人
所沢ホームページ制作センター
尾形 丈人

物販で少数出品の場合

販売したい商品がほんの数点の場合は、機能が充実したネットショップの開設というよりも、1商品1申し込みページ制のほうが良いかもしれません。

もちろん、将来的に(しかも近い将来に)商品点数を増やすということであれば、しっかりとしたネットショップを構築しても良いと思います。

しかし多くの場合、取り扱い点数が少なかったり、将来展望がなかったり、予算が限られていたりするので、ショッピングカート機能を持つよりかはちょっとだけオプション料をホームページ制作会社に払って、1商品1申し込みページ制にしたほうが良いでしょう。

そのほうが予算も納期も少なくて済みます。

物販で多数出品の場合

かたや、商品点数が最初から多い場合には、それなりの経費をかけてネットショップを構築せざるを得ません。

方法としては二つです。

一つは完全オリジナルのネットショップを作ること。

もう一つはショッピングカート機能を提供している会社のサービスを利用することです。

予算が少ない場合や手っ取り早く始めたい場合には後者を。予算も納期も問題ないのなら前者をおすすめします。

ただ、考え方の問題ですが、中には「最初はサービス会社を利用して、その後にオリジナルショップを作ろう!」という意見もあります。

しかしこの場合、大量の商品の再登録やら会員データの移行やらで、業務に支障が生じるのは目に見えています。

少量出品の人ならその考え方でも良いのですが、最初から多数の商品を扱うことが分かっている方なら、導入時のシステム選びは慎重になったほうが良いです。

経営の将来設計をしっかり描きながら、可能な範囲でオリジナルのネットショップを作ったほうが良いと思います。

情報商材で会員制にしたい場合

毛色が変わりますが、情報を売りたいという方もいるでしょう。

この場合ももちろん、情報販売仲介サイトが複数存在するので、そちらを使うのが無難です。

しかし、オリジナルサイトを作ることも可能です。

会員登録と決済が完了したと同時に商材のダウンロードページに誘導する。もしくは、物販機能もつけて配送にも対応する。

そういったことは可能です。

所沢ホームページ制作センターを例に出せば、75万円で出来ます。(大手に頼むと100万円超えると思います…)

また、納期も3ヶ月はかかるので、予算と納期が合わない方は、仲介サイトを利用したほうが良いでしょう。

クレジットカード決済問題

以上、ケース別にネットショップの開設方法を見てきましたが、結構ネックになるのがクレジットカード決済対応かもしれません。

今や外せない決済手段です。

しかし、売り手も審査をされるので、日の浅い事業主の場合、審査で落とされる(=クレジットカード決済を利用できない!)という事態に発展してしまいがちです。

この場合の対象方は2つで、一つはショッピングカート機能と決済機能を提供している会社を利用してみること。もう一つは諦めることです。

前者は言うまでもありませんが、後者の場合もやれることはあります。

クレジットカード決済がない場合に選択しがちな決済手段…。それは、代引きです。

代引きであればすぐに注文が確定し、すぐに発送してくれますから、消費者としてはクレジットカード払いに近い位置付けです。

「銀行振込」と「代引き」だけであっても、当面のネットショップ運営は乗り切れると思います。(そして会社に体力がついたら、再度審査をしてもらう)

決済以上に、コピーライティングのほうが重要(何が書いてあるかが重要)ですから、クレジットカード決済が無理な人はそういう方向で良いと思います。

最新の記事5件