所沢航空記念公園

ホームページ作成の相場2019最新版

小さな実店舗のホームページを作りたいというケースを想定して、ホームページ作成の相場の2019年最新版をお届けします。

尾形 丈人
所沢ホームページ制作センター
尾形 丈人

よくあるホームページ作成例

中・大型店ではない小さな実店舗。街中によくある飲食店だとか美容室だとかを想定。

ホームページの規模も小さめ。

主なページは、トップページと下層ページ(お知らせページ、メニューの紹介ページ・お店の紹介ページ・お店のこだわりを紹介するページ)、ブログ、予約フォームです。

トップページにはjQueryのスライダーとお店への地図画像。他の画像は別途撮影・編集して、ロゴは再編集。文章も一緒に考えます。あ、もちろんおしゃれなデザインで!使い回しされている他社と同じテンプレートはNG!

サイトにはワードプレスを導入し、ブログの記事ページもオリジナルデザインにしてサイト全体で統一性を持たせます。

見積もり後に(部分的に)再コーディングが必要な修正依頼が入ります。

さて、相場はいくらでしょうか?

ホームページ作成の相場はある

小さいながらもこれだけの手間暇のかかるホームページ作成の場合、業者の心の中ではある数字が浮かんできます。

それは…30万円台です。

実際にいくら請求するかは業者次第ですが、本音はみんな「30万円以上の価格帯で請求したい…」のはずです(笑)

だって、文章も画像も用意されていないし、おしゃれなデザインで一から作らなきゃいけない。見積もり後に修正依頼も入るし、作業工程も多い。

こうなったら、20万円台ではきつくなるんです。

実際のところ、30万円未満で請求する業者もいることでしょう。

でもそれって、妥協しているか無理をしているんですよね。

  • Webデザイナーやコーダーの人件費を削っている
  • テンプレートの使い回しで大量生産
  • とにかく契約が欲しい!赤字だけど安い金額で請求

無理したら続きません。妥協したら顧客満足度が下がります。

ですから、小さな規模のサイトの相場は30万円台だと思ってください。

「うちは25万円でやるよ〜」というところがあっても、結局は請求金額が30万円台になったりするのです。この想定ケースなら。

また、仮に依頼者側がコンテンツの用意をするなど話の早いクライアントの場合は、安値見積もり合戦になります。

どこの制作会社も喉から手が出るほど欲しいクライアントさんですからね、しょうがないです。

さらに言うと、そういった人は少ないのが実情なので、「小さなお店のホームページを作成して欲しいです。相場はいくらですか?」との問いに答えるとするならば、「30万円台でしょう」と答えます。

意外にみんな知りませんが、20万円台のホームページと30万円台のホームページって違うんですよ。

やっぱり、一般の方が思うホームページ制作業務を実現しようと思うと、30万円台になっちゃうんです。

ですから、同じ要件で30万円未満の金額が提示されたら、「なぜ、その金額でできるのか?」を考えたり聞いたりする必要があります。

その答えに納得できないのなら、その業者に依頼するのはやめたほうが良いでしょう。

古臭いホームページが納品されたり、業者が潰れてしまったりしたら、いくら安い制作料金で済んだとしても困りますよね?

みなさんが思うホームページの作成は完全オーダーメイドです。

職人が手作業で丁寧に作り上げていきます。

ですから、30万円台という金額になります。

それ以下の場合はパターンオーダーになり、それ以下になる理由が必ずありますので、しっかり把握して納得できるか見極めてください。

それが相場を知った上でホームページの作成依頼をされる場合の失敗しないコツです。

上記仕様での制作費の目安

〜10万円古臭いテンプレートで大量生産のパターン
10万円〜20万円テンプレートへの依存や技術の未熟さが想定されます
20万円〜30万円ちょっと無理をしているか、なんらかのコストカットをしている場合の値段
30万円〜40万円いわゆる相場価格。完全オーダーメイドの場合の最安値とも言えます
40万円〜50万円中規模の分業制の制作会社の場合は、この価格帯が多いと思います
50万円〜大手企業やこだわりの強い制作会社に依頼すると、この金額になるでしょう

最新の記事5件